(番外編)W杯2次予選 キルギスVS日本 レビュー

スポンサーリンク

アジア2次予選2勝1敗で2位につけているキルギスとの首位決戦。どんな内容だったかを振り返る。

スタメン

日本は中島がいたの左サイドハーフに原口を置いた。

スポンサーリンク

前半

キルギスのゲームプラン

キルギスは守備では5バックになってスペースを埋める。ボールを奪うとCBから裏やウイングバックにロングボールで繋ごうとしていた。特に2→6への長いサイドチェンジが目立ち、チームとしての狙いを感じた。ピッチにも慣れており、キックがそれに影響されていない印象を受けた。

日本のビルドアップに対しては柴崎と遠藤にマンマークに近い形で付き、自由を与えないようにしていた。それによってサイドに追いやってボールを奪うという狙いがあったのだと思われる。

日本の対応

いつも通りの4231。荒いピッチによってパスが跳ねてトラップが乱れ、ビルドアップには苦しんだ印象。困ったときは無理に細かくつなごうとせず、伊東や永井を裏に走らせて勝負させていた。CBのロングフィードを防ぐために伊東や永井がプレッシャーをかけるようになったが押し上げが甘い場面があり、サイドチェンジを許すこともあった。

左サイドは長友と原口。中島より原口はワイドに位置するので内側のスペースに味方が走り込みやすい状況だった。前半最後には伊東が右から左のニアゾーンに流れてパスを受け、シュートを放つシーンがあった。原口は南野や永井のランニングを囮に自らドリブルでカットインする場面もあった。

南野が獲得したPKを決め、0-1で前半は終了。

後半

前半を受けてどのように変化していったか見ていこう

スポンサーリンク

日本

日本の攻撃時、原口がタッチライン際まで幅をとったことで6に迷いを与えることができていた。前半よりは繋ぎにも余裕が生まれ、2点目のフリーキックのきっかけとなる遠藤の突破につながった。

キルギス

後半も自信を持ってプレッシング、幅を生かすビルドアップをしかけていた印象。サイドチェンジから決定機を作った。

スポンサーリンク
【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

中島翔哉のプレー判断

伊東純也と交代で左サイドハーフで出場した中島。自陣深い位置でドリブルを開始してボールを奪われかけたり、実際にロストしてカウンターを打たれたりとドリブルをしようとするあまりピンチを招く結果となる場面が多くみられた。より高い位置で長所を生かしてほしい。ポルトでの序列が下がっていることが頷けるプレー内容だった。

まとめ

0-2で日本が勝利。対日本を考えた組織的な守備と攻撃を見せたキルギス相手になんとか勝ち点3をもぎ取った。GKの出来次第では結果は変わっていたかもしれない試合。今後の試合もアウェイではより高いチーム力が求められるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。